コイシくんとコイシちゃん
ジョン・レノンとオノ・ヨーコ
  • ジョン・レノン スーパー・ライブ
  • チケット発売情報

『Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ』は「どんな些細なことでも夢を持つこと。それが世界を変えていく大きな力となるのです」というオノ・ヨーコさんの提唱により、世界の子どもたちに学校を贈るチャリティ・コンサートです。

コンサートは2001年から毎年開催され、過去11回のコンサートで、「世界の子どもたちに学校を贈ろう!」というオノ・ヨーコさんの呼びかけによって参加した日本のアーティストは167人、世界28か国117校の学校建設を支援してきました。

「ひとりで見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる」
〜オノ・ヨーコ

夢の力と学校

夢の力で学校を贈る 10年間で28の国に107校

連載第1回目:2011年4月2日掲載

「毎日ひとつ誰かを喜ばせることをやりましょう。それだけで世界を変えていくことができるんです」

2010年12月8日、日本武道館で1万2000人の観客が集まったコンサートが開催されました。出演者は、世界的に知られている芸術家のオノ・ヨーコさんや日本の有名な歌手や俳優です。

コンサートでは愛と平和の大切さを生涯歌い続けたイギリスの歌手、故ジョン・レノン(元ビートルズ)の歌が演奏され、出演者は夢を持つことの大切さを語り、観客の心には「愛」や「平和」、そして「夢」のメッセージが残りました。
 
このコンサートは「ドリーム・パワー ジョン・レノン スーパー・ライヴ」という、世界の恵まれない子どもたちに学校を贈るためのチャリティーです。

世界には学校で学びたくても、学校がないために、通えない子どもたちがたくさんいます。戦争で学校が壊されたり、貧困のために学校が足りなかったり、その理由はさまざまです。

そんな子どもたちに学校を贈ろうと、2001年から毎年このコンサートは開催され、昨年、10回目が行われました。これまでに建てられた学校の数は、世界28の国に107校になります。

中心人物のひとりで、ジョン・レノン夫人のオノ・ヨーコさんは「みんなで夢を見ることが大切だ」と、コンサートで呼びかけました。学校に通いたいという世界の子どもたちの夢、その子どもたちが勉強できるようにお手伝いしたいという、観客や出演者、スタッフの夢——。一人一人の夢がひとつになって、新しい学校が世界中に建設され続けているのです。

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • RSS
  • flicker
  • myspace
  • アメーバ
  • blogger
  • タンブラー
  • google+